top of page

英語を習わせたら、子供の日本語能力は下がるのか?

Updated: Jun 29, 2023


stick figure parents looking inside their son's brain to see if he has room for both English and Japanese

子供に英語を与えると、日本語の能力が損なわれる?



幼少期から英語を学ぶことは、子供の日本語能力の妨げになるのではないかという懸念を、日本人の親が口にするのを聞いたことがある。英語を学ぶと混乱し、学校の成績に影響するかもしれない。


心配すべきでしょうか?


いや、そんなことはない!


日本語が家族の主要なコミュニケーション言語ならなおさらだ。

日本のテレビやテレビゲーム、日本語を話すお友達やお世話係の方と一緒に過ごすなど、お子さんが毎日日本語を話す環境にいるのであればなおさらです。

インターナショナル・キンダーガーデンに通っている子供たちでさえ、日本語能力に大きな問題はない。


なぜか?考えてみてほしい。

子どもたちは外国人の先生からすべての授業や活動を英語で聞かされるとはいえ、かなり大きな集団の中にいる。先生と1対1で話す時間はあまりない。グループ活動が終わると、子どもたちはクラスメイトや日本人スタッフと日本語で話し、考え、交流する。

私はインターナショナル・キンダーガーデンに通う子どもたちを教えた経験がかなりある。このような子どもたちは、普通の幼稚園に通っていた子どもたちよりも、英語のリスニングや理解力が断然優れています。

そして、とても簡単な文章は読めることが多いのですが(何を読んでいるのか理解できていないことも多いのですが)、スピーキング力や発音は、週1回のレッスンのみで、2歳半くらいから私の英会話スクールで英語を習い始めた子供たちと比べると、あまり良くないことに気づきました。


英語を母国語とする親がいて、日本で育てられている子供でも、英語で流暢に話したり、交流したり、考えたりするために必要な、英語を話す親とのめちゃめちゃ多くの交流がなければ、英語を話せるようにはならない。


私は、日本で英語を母国語とする親と暮らしていて、英語をまったく話せない子どもたちに何人も会ったことがある!


実際、私は自分の子どもに英語を教えるのにとても苦労した。


大変でした!仕事やその他の問題で、子どもたちに英語に触れさせたり、英語に触れさせたりするのに必要な時間やリソースを確保するのが難しかったのです。

ですから、お子さんの日本語を心配する必要はありません!


子どもの言語習得の分野における研究や、完全なバイリンガルの子どもの実在は、子どもたちが母国語の熟練度を犠牲にすることなく第二言語を習得することが完全に可能であるという事実を証明している。

本当の問題は、日本の子どもたちが十分な英語を学んでいないことである!

この問題をどう解決するか?


残念ながら、親にとって簡単な解決策はひとつではないし、以前のブログで述べたように、実際に英語を話せるようになる英語レッスンを提供する公的教育システムに親は頼ることはできない。


それぞれの家庭にはそれぞれの事情がある。英語を話せる子どもを育てたいのであれば、子どもの年齢、家庭の状況、スケジュール、予算、ライフスタイルなどを考慮しながら、自分の家庭にとって何が現実的かを考えなければなりません。


あなただけのオーダーメイドの家庭英語教育プランが必要なのです。

近々始める予定の新しいブログ・カテゴリー "How to raise English-speaking children" で、有益なアドバイスとたくさんの提案を提供したいと思っています。残念なことに、それについてはとてもゆっくり進めている!YouTubeの新レッスン "Learn Letters “を作るのに忙しくて。

実は、私がTHE ENGLISH FACTORYのYouTubeチャンネルで制作しているビデオはすべて、英語を母国語としない親御さんたちが、子どもたちが英語の基本的な文法パターンを流暢に使えるようになるために必要な練習をしたり、正しい英語の発音の例を教えたりするために、家庭で使えるツールとして特別にデザインしたものなのです。


English version

I have heard Japanese parents express concern that learning English from an early age will hinder their children's Japanese proficiency. Learning English will confuse them, and might affect their performance at school.


Should you be worried?


No, not at all.


Especially if Japanese is the primary language of communicate in your family.

Especially if your children are immersed in a Japanese-speaking environment every day with Japanese TV, video games, and spending time with Japanese-speaking friends and caretakers.


Even children who have attended international kindergartens don't have any significant issues with their Japanese ability.


Why? Well, think about it.


Even though the children listen to a foreign teacher teach all the lessons and activities in English, they are in a fairly large group. They aren't getting much one-to-one time with the teacher. As soon as the group activities finish, the children speak, think, and interact with their classmates and the Japanese staff in Japanese.


I have quite a bit of experience teaching children who went to international kindergartens. These students definitely have much better English listening and comprehension skills than students who went to regular kindergartens.


And they often can read very simple sentences (though I found they often don't understand what they are reading), but I noticed their speaking ability and pronunciation is not much better than the kids who only have a once-a-week lesson and who started learning English at my conversation school from the age of about 2.5 years old.


Even children who have a native English-speaking parent and are being raised in Japan don't become English speakers if they don't get the crazy amount of interaction with the English-speaking parent needed for them to fluently speak, interact, and think in English.


I have met quite a few children living in Japan with a native English-speaking parent who didn't speak much English at all!


I actually struggled very much to give my own children English. It was hard! Work and other problems made it difficult for me to find the time and resources needed to give them enough exposure to and interaction with English.


So don't worry about your children's Japanese!!


Research in the field of child language acquisition, as well as the actual existence of completely bilingual children, verifies the fact that children are perfectly capable of mastering a second language without sacrificing proficiency in their native language.


The real problem is Japanese children aren't getting enough English so they become proficient English speakers as well as Japanese speakers!


How to solve this problem?


Unfortunately, there isn't one easy solution for parents, and as mentioned in a previous blog, parents can't rely on the public education system to provide English lessons that actually produce English speakers.


Each family has unique circumstances.


If you want to raise English-speaking children, you must figure out what is realistic for your family, taking into account the age of your children, your family's circumstances, schedule, budget, lifestyle, etc.


You need your own customized family English education plan.


I hope to offer you some useful advice and a lot of suggestions in a new blog category I will start soon called "How to raise English-speaking children."


Unfortunately, I am moving very slowly on that! I am busy teaching and making the new YouTube lessons called "Learn Letters.”


Actually the videos I am making for THE ENGLISH FACTORY YouTube channel are especially designed has tools that non English speaking parents can use at home to give their children effective practice to improve their grammar pattern skills and their pronunciation.













Comments


bottom of page