top of page

英語の発音について親が知っておくべきこと。

Updated: Jun 8, 2023


英語の発音とフォニックスがいかに重要であるかを示すために、5人の棒人間の子供たちがそれぞれ異なる母音を言っている漫画です。

一番大切なのは...

発音はとても

重要です!





お子さまには、英語の音素を聞き分け、区別する能力を身につけていただく必要があります。音素を知ることで、英語学習がぐっと楽になります。 音素とは何か? 音素とは、言語の中で最も小さな音の単位です。 英語の音素は日本語には存在しません。英語の音素を認識し、区別することができなければ、どうやって英語を理解することができるのでしょうか? 正直に言いましょう。英語を母国語としない人たちや、日本人の英語の先生でも、お子さんに正しい英語の音素や自然な英語のイントネーションを教えることは、とても難しく、事実上不可能です。 なぜそんなに難しいのでしょうか? なぜなら、日本人英語教師を含め、ほとんどの日本人の大人は、英語の音素の本当の音が何であるかさえ知らないからです。 実際、ローマ字の発音が英語ではないことに気づいていない大人も少なくありません!知らないことをどうやって教えるのか? ローマ字は本当の英語の発音とは全く違うのです! 同じものは何一つないのです。英語には日本語にない音素がある! 英語は母音が多い。英語には日本語にはない子音があり、その子音は日本語にはない口の動かし方が必要です。 英語の音素を認識し、区別することを学ぶ必要があります。また、音素をブレンドして言葉にすることも学ぶ必要があります。 残念ながら、日本の英語の授業や塾では、生徒は日本語で英文法の講義を聞いているだけで、先生が英語を話す数分間は、英語ではなくローマ字なのです。これはまずい! 正しい英語の音素を使わずローマ字を使うのは、間違った鍵を鍵に突っ込んでドアを開けようとするようなものです。 私は長い間、日本人の大人に英会話を教えてきたので、彼らが英語の音素を学ぶ機会がなかったために、実際の英会話を理解するのに苦労していることをよく理解している。単語の意味や文法を知っていても、ネイティブスピーカーがどの母音や子音を使っているのかが聞き取れないため、会話を理解することができないのです。 英語の音素やイントネーションをネイティブスピーカーから学ぶことは、まさに常識です。 発音を完璧にマスターする必要はありませんが、英語の単語やフレーズに含まれる音を認識し、区別することは必要です。 例えば、あるミュージシャンが曲を聴いて、楽譜を見ずに音符を認識し、その曲を演奏できるようになるようにです。 英語の音素とイントネーションを身につけさせるには、どうしたらいいのでしょうか? 簡単ではありません。努力と忍耐が必要です。しかし、適切な教師が、適切な方法とリソースを使えば、それは可能です。 英語発音のカギを握るのは、「モーテレーズ・トレーニング」です! モサレス?それは何ですか? 以前のブログ記事で付けの前回の記事で、アメリカのワシントン大学のクール博士の研究を紹介しました。 クール博士の研究チームは、母親が赤ちゃんに話しかける非常に特別な話し方が、言語、特に言語の音素を習得するのに不可欠であることを発見しました。この特別な話し方には、「モテレス」という名前がつけられています。 母親や赤ちゃんの世話をする人は、普段の話し方を完全に変えます。赤ちゃんに対しては、とても陽気で、しばしば愚かな、高い声を使い、言葉の中の音素、特に母音をわざと誇張して伸ばします。 そして、お母さんは赤ちゃんの顔を間近に見て、口がどのように動いて言葉の音を形作っているのか、赤ちゃんに見せるのです。 また、お母さんはとてもシンプルな文章で話します。そして、お母さんはとてもシンプルな文章で話し、すべての単語を繰り返し、はっきりと発音する傾向があります! 国や文化は関係なく、誰もが本能的にモーサレスを使って赤ちゃんに話しかけているのです。 クールの研究によると、モーゼは赤ちゃんが言葉を学ぶのに不可欠なだけでなく、年齢に関係なく、誰もが他の言語を学ぶ方法であることがわかりました。 年長者や大人の外国語学習者には、赤ちゃんに使うような高い声やバカ声は必要ありません。 しかし、モーテレッセの他の側面はすべて必要なのです。 1. 学習者、特に初心者は、単語の音素を誇張し、単語と単語の間に間を置いて文章を話す教師が必要です。 2. 学習者は、教師がどのように口を動かして単語の各音素の音を出しているかを見る必要がある。特に母音を伸ばす必要があります。 3. 学習者は、教師がいつもよりはっきりと発音する必要がある。そうすることで、学習者の脳が英単語を処理し、次に文法を処理するのに必要な練習をすることができます。 4. 学習者の脳が英単語と文法を処理するのに十分な時間を与えるために、教師は超簡単で短い文章から始め、何度も文章を繰り返す必要があります。 クールの研究を知るずっと前から、私が非常にゆっくりと話し、各単語の音素を誇張し、文章を何度も繰り返し、明瞭に表現すると、生徒の成績が非常に良くなることに気づいていたのです。 神経科学者が「モーテレス」と呼ぶものがあることを知る前から、私は「モーテレス」を使っていたのです! では、親御さんは、お子さんに英語の音素を認識し、区別する能力を身につけさせるにはどうしたらよいのでしょうか? 提案 親が大金持ち 1. ネイティブのナニーをフルタイムで雇い、完全に英語でお子様のお世話をします。 2. シッターを雇わない?英語を母国語とする家庭教師を雇い、1日4~5時間程度、英語で子供と接し、英語で学校の科目を教えてもらう。 しかし...ネイティブスピーカーの乳母や家庭教師を雇える親はほとんどいません。では、どうすればよいのでしょうか。 週1回の英語レッスンができるのであれば、ネイティブの先生を選ぶ!とても重要なことです! 何が正しい先生なのでしょうか? 正しい教師は、生徒が初めて英語の音素を聞くことを理解しているネイティブスピーカーであり、生徒が音素に慣れるためには、たくさんの音素に触れ、練習する必要があります。 ゆっくり、はっきりと、大げさに、音を伸ばしながら話す、モーテレッセのテクニックを使う。 正しい教師は、生徒と向かい合って話し、生徒が自分の口を見ていることを確認し、生徒自身が音の出し方を学べるようにします。 正しい教師は、音素や単語、文章を何度でも繰り返し、子供たちの頭に英語を叩き込む。 正しい教師は、とてもシンプルで簡単な文型で繰り返し話します。そうすることで、学習者の脳は、新しい英語の音素やイントネーションパターンの神経接続を作るために必要な反復練習をすることができます。 正しい教師は、レッスン中に歌ったり踊ったり、ゲームや工作をしたりしない。英語の正しい発音を練習するために使うべき貴重な時間を無駄にしているのです。 なぜこのようなアクティビティが英語の授業に必要ないのか、詳しくは次の2つのブログでご紹介します。 覚えておいてください!発音とイントネーションに関しては、英語教室よりも正しい先生の方が重要です。そして、英語の音素の本当の音を教えることができるのは、英語のネイティブスピーカーだけなのです。 と...忘れないでください!どんなに素晴らしい先生でも、週に一度しか英語のレッスンを受けられないのであれば、発音の奇跡を期待してはいけません。 週に数回、家庭で効果的な練習をすることが必要です。 YouTubeの動画で英語の発音を身につける YouTubeを子供の英語学習に活用するための2つのポイント。 1. 正しい動画を選ぶこと!ただ楽しいだけでなく、お子さまの英語力を伸ばす動画でなければなりません。 2. 良い英語教育ビデオに接する時間は長ければ長いほど良い。 英語のスピーキングに最適なYouTubeの動画は、おそらくあなたのお子さんが見たがっているものではありません。 クールの研究に戻ると、言語の音を学ぶ脳の領域が活性化し、神経接続が発達するためには、人との交流が必要です。 つまり、映像の中でマンガのキャラクターが英語を話しても、脳のこの部分は刺激されないということです。 つまり、子供向けのビデオのほとんどは、英語を学ぶのに役立たないということです---何年も毎日狂ったように英語のビデオを見続けるのでなければ。 ここでは、子供の英語の発音を伸ばすために、私が選んだものを紹介します。 (特に順番はつけていません)。 イギリス発、BBC製(だったかな?) Alphablocks 私は、今言ったアニメーションの話には逆らうことになります!これらのビデオはアニメーションですが、私はこれらのビデオをよく見ている子供たちに会ったことがあり、英語の音やフォニックスに役立っているようでした。 https://www.youtube.com/c/officialalphablocks LearningBlocks これもalphablocksのYouTubeチャンネルです。 https://www.youtube.com/c/LearningBlocks Mr. Throne Does Phonics ソーン氏はイギリスの小学校の先生です。彼のフォニックスのビデオには、彼の口元がとてもよく映っています。 彼はとてもゆっくり話し、文字の音を繰り返しています。彼は素晴らしい先生です。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLqh11DN6jmbBHVCDeYtWRgJcZLowiu9cv アメリカンアクセントと発音 Songs for Littles--幼児向け学習ビデオ (幼児とは、1歳~3歳くらいのお子さんを指します) これらの映像の中で歌があっても、それは明瞭でゆっくりとしたものです。 映像の主役はカメラに向かって直接話すので、まるで自分に話しかけているようで、母国語を使ったり、文章を繰り返したりしています。 https://www.youtube.com/c/SongsforLittlesToddlerLearningVideos/featured LucyMax English ルーシーマックス・イングリッシュ このチャンネルは、優秀なアメリカ人講師を使って韓国で作られています。 先生は母国語で話し、動画の半分は実際の人が話しています。https://www.youtube.com/channel/UC1HVo7ocxToHwWOwull5FHA/featured。 THE ENGLISH FACTORY イングリッシュファクトリー もちろん、私のYouTubeチャンネルは、特にモーゼを使った英語の音を学ぶために作られています。 https://youtu.be/gFt1wCByTvw 最高の結果を得るためには、お子さんと一緒にビデオを見て、ビデオの中のスピーカーが言っていることを繰り返してください。たとえお子さんが嫌がっても、各ビデオを何度も見てください。私は、英語の正しい発音を学ぶのにとても効果的なビデオを選んだのですが、最も楽しいものではありません。 でも、この5つのチャンネルのビデオを全部見たら、とても忙しくなると思います! あなたとあなたの子供たちが英語の音素を学ぶのに役立つ、たくさんの良いモテキが得られることは間違いありません! ENGLISH

Translated by DEEPL

Your children need to develop the ability to hear and distinguish between English phonemes. Knowing phonemes makes learning English much easier. WHAT ARE PHONEMES? Phonemes are the smallest unit of sound in a language. English phonemes don't exist in Japanese.


If you can't recognize and distinguish between English phonemes how can you understand English? Let's be honest. It is very difficult, practically impossible for non-native English speakers, even Japanese English teachers to teach your children correct English phonemes as well as natural English intonation. WHY IS IT SO DIFFICULT? Because most Japanese adults, including Japanese English teachers, don't even know what the true sounds of English phonemes are. In fact, I have found that many adults don't even realize that romaji pronunciation is not English! How can they teach what they don't know? Romaji is completely different from real English pronunciation! NOTHING is the same. English has phonemes that don't even exist in Japanese! English has more vowel sounds. English has consonants that require the speaker to move their mouth in strange ways that isn't necessary in Japanese. Students need to learn to recognize and distinguish between English phonemes and they need to learn to blend the phonemes into words because it is completely differently from how Japanese phonemes blend into words. Unfortunately, during Japanese English classes and at juku, students are just listening to lectures about English grammar in Japanese and for the few minutes the teachers speak English it is usually romaji--not English.


This is bad! Using romaji instead of correct English phonemes is like trying to open a door by jamming the wrong key into a lock. I have taught English conversation to Japanese adults for a very long time so I am very familar with all the problems they have trying to understand to real English conversations because they never had the chance to learn English phonemes.


Even though adults know the meaning of the words and the grammar, they can't understand the conversation because they can't catch which vowels and consonants native speaker is using in the words. It is just COMMON SENSE for students to learn English phonemes and intonation and from native speakers. Your children don't have to master pronunciation perfectly but they need recognize and distinguish between the sounds in English words and phrases. This will make picking up English by just listening to conversations in English so much easier for them -- like how some musicians can listen to a song, recognize the notes without looking at the sheet music and be able to play the song. HOW CAN PARENTS HELP THEIR CHILDREN LEARN ENGLISH PHONEMES AND INTONATION? Not easy. It will take commitment and patience. But with the right teacher, using the right methods and resources, it's possible. Motherese training is the key to English pronunciation! MOTHERESE? WHAT'S THAT? In a previous post dated July 14 2022, I introduced the research of Doctor Kuhl of the University of Washington in the United States. Doctor Kuhl and her team found that the very special way mothers speak to their babies is essential for learning language, especially for learning the phonemes of a language. This special way of talking has been given the name Motherese. Mothers, and any one who takes care of babies, completely change the way they normally speak. With babies, they use a very cheery, often silly, high pitched voice and deliberately exaggerate and elongate the phonemes in words, especially the vowels. And mothers look right in their baby's face, very close, so the baby sees how the mouth moves to shape the sounds of the language. And mothers speak in very simple sentences. They tend to repeat and articulate every word very, very clearly! It doesn't matter what country or culture -- EVERYONE instinctively talks to babies using Motherese. Doctor Kuhl's research also found that motherese is not only essential for babies learning language, motherese is the way everyone, at any age, learns another language. For older kids and adult learners of a foreign language, the high pitched, silly voice used with babies isn't necessary. BUT, all the other aspects of motherese are necessary. 1. Learners, especially beginners, need a teacher who will exaggerate the phonemes in words and speak the sentences puttting a pause between words. 2. Learners need to see how the teacher moves their mouth to make the sound of each phoneme in the words. The vowels, especially need to be stretched. 3. Learners need the teacher to articulate very clearly, more than usual. This gives learners' brains the practice they need to process the English words and then the grammar. 4. Learners need the teacher to start with super simple, short sentences and then repeats the sentences several times to give the learners' brains enough time to process the words and the grammar. I realized long before hearing about Professor Kuhl's research -- my students did so much better if I spoke very slowly, exaggerated the phonemes in each word, repeated sentences several times and articulated clearly. I was using motherese before ever knowing there was such a thing called motherese by neuroscientists! So parents how can you help your children develop the ability to recognize and distinguish between the phonemes of English? Suggestions Very rich parents 1. Hire a full time native English speaking nanny to care for your children completely in English. 2. Don't want a nanny? Hire a native English speaking tutor who will use motherese and have the tutor spend about 4 to 5 hours a day interacting with your children in English as well as teach them school subjects in English. BUT...very few parents can afford native speaking English nannies and tutors. What should every one else do? 1. If you can give you kids a weekly English lesson, CHOOSE the right NATIVE English speaking teacher! VERY IMPORTANT! WHAT MAKES A TEACHER THE RIGHT TEACHER?

The right teacher is a native English speaker who understands that students are hearing English phonemes for the first time and they need lots of exposure to them and practice to get used to them. The right teacher uses motherese techniques; speaks slowly and clearly, exaggerates and stretching the sounds. The right teacher talks face to face with the students, making sure they see their mouth so students can learn how to make the sounds themselves. The right teacher repeats the phonemes and words and sentences as many times as it takes to get the English into your kids heads. The right teacher speaks in very simple, very easy sentence patterns repeatly.


This gives learners' brains the repetitive practice needed to make the neural connections for the new English phonemes and intonation patterns. The right teacher doesn't sing or dance or play games or do crafts during lessons. Waste of valuable time that should be used for practicing the correct sounds of English. Check out my next two blogs for more details about why these activities are not what your children need to be doing in English class. REMEMBER! The right teacher is more important than the English schoo when it comes to pronunciaton and intonation. And only native English speakers can teach the true sounds of English phonemes. AND ...REMEMBER! Even with a great teacher, if your children only have an English lesson once a week, don't expect a pronunciation miracle. YOU have to supplement that lesson with effective home practice several times a week. HELPING YOUR CHILDREN LEARN ENGLISH PRONUNCIATION AT HOME WITH YOUTUBE VIDEOS. 2 keys to using YouTube for your children's English. 1. Choose the right videos! Videos must actually develop your children's English skills, not just entertain them. 2. The more time spent interacting with good English educational videos -- the better. The YouTube videos that are best for English speaking skills are probably not the ones your children want to watch. Going back to Doctor Kuhl's research, for the areas of the brain involved in learning the sounds of a language to be activated and to develop neural connections, we need human interaction. That means manga characters speaking English in videos don't stimulate this part of the brain.


So, most videos made for kids don't help them learn English ---- unless they only watch English videos a crazy amount every day for many years. Here are my picks for specificly helping develop your children's English pronunciation. (I didn't list the videos in any special order.) From England, made by the BBC (I think?) Alphablocks I am going against what I just said about animated videos!


Even though these videos are animated, I have met kids who watched these videos a lot and it seemed to help them with the sounds of English and phonics. https://www.youtube.com/c/officialalphablocks ​LearningBlocks This is another YouTube channel from alphablocks. https://www.youtube.com/c/LearningBlocks Mr Thorne does phonics. Mr Thorne is a British elementary school teacher.


His phonics videos show his mouth very clearly.

He speaks very slowly and repeats the letter sounds. He is an excellent teacher. https://www.youtube.com/playlist?list=PLqh11DN6jmbBHVCDeYtWRgJcZLowiu9cv​ From America Songs for Littles--toddlers learning videos (toddlers means children from about 1 -3 years old) Even though there is singing in these videos, it is clear and slow.

The main person in the video speaks directly into the camera so it looks like she is talking to you and she uses motherese and repeats sentences. https://www.youtube.com/c/SongsforLittlesToddlerLearningVideos/featured LucyMaxEnglish This channel is made in Korea using excellent American teachers.

The teachers speak in motherese and half of the videos are real people talking. https://www.youtube.com/channel/UC1HVo7ocxToHwWOwull5FHA/featured The English Factory ​ Of course, my YouTube channel is especially made for learning the sounds of English using motherese. https://youtu.be/gFt1wCByTvw VERY IMPORTANT. For best results, you must watch the videos with your children, repeat what the speakers in the videos are saying.


Watch each video several times--even if your kids don't want to.


I picked super effective videos for learning the correct sounds of English--not the most entertaining ones. Well, I think if you watch all the videos on these 5 channels you will be very busy!


You and your kids will definitely get a lot of good motherese to help you and your kids learn English phonemes!

Recent Posts

See All

Japanese students get 10 times more sports practice at school than English practice. No wonder they can't use English!

(練習とは、各生徒が実際の英語を聞き、発言することです。 練習とは、日本人教師が日本語だけで英文法を説明するのを聞くことではありません。 練習ではありません。カタカナで一斉に読むのは練習ではない。) *学校の英語授業の平均回数: 年間40週×週5日=年間200レッスン。 *生徒が英語を聞き、話す練習をする平均時間。 1レッスン15分未満。(しばしば0分) *生徒1人あたりの年間平均スピーキング&リ

Comments


bottom of page