top of page

日本の英語教育制度に頼れない理由

Updated: Jun 8, 2023




黒板の前に立つ日本人英語教師が、日本語での会話と日本語での板書のみで英会話を教える様子を描いた漫画です。

学校では8年間の英語!

中学英語3年+高校+英語3 年+大学英語2年=英会話 がほとんどできない QUESTION 1 日本の教育制度で8年間の英語教育を終えたほとんどの日本の大人が、英語話者との簡単な会話で、基本的な中学英語すら使えないのはなぜか? 回答 8年間の英語必修授業で、スピーキングの練習はほとんどしていない! QUESTION 2 なぜ、日本の大人は、ネイティブスピーカーが話す本物の英語を、カタカナ発音ではなく、本物の英語の発音で理解できないのでしょうか? 回答 英語のフォニックスの知識もなく、発音の訓練もない! 日本の学校では英語のスピーキング練習がほとんど行われていないという問題について。 日本の学校のシステムが、英語を話す生徒を、キャリアに役立つ英語のスピーキングスキルを持つ生徒を輩出しないのは、システムが英語を話す生徒を輩出することに真剣でないためです。 もし教育指導者が真剣であれば、学校はすでにグローバル経済に完全に参加できる英語話者を日本に輩出しているはずです。 日本の英語教育システムは、英語スピーカーになるために必要な1000時間の本格的なスピーキングトレーニングを生徒に提供できていない!その代わり、生徒たちは何千時間もの英文法の講義を日本語で受けることになります。 英語はスポーツのように反復練習と試行錯誤が必要なスキルであるにもかかわらず、英語は歴史と同じように学問として教えられています。 学問というのは、その学問に関する情報を暗記するだけで身につくものです。講義を聞いたり、それに関する本を読んだりすればいいのです。 しかし、スキルはその方法では身につきません。スキルは練習して身につけるものです。英語のスピーキングは、日本語で英文法の授業を聞いても身につきません。もし歴史と同じように学べるのであれば、日本の成人のほとんどは英語が上手になっているはずです。 多くの学校では、教師は授業の8割程度を日本語で英文法を説明する。生徒たちは、教科書の文章をカタカナで読む数分間を除いて、受動的に聞いています。 AN ANALOGY もしピアノが英語と同じように教えられていたらどうでしょう。 子どもたちは、音楽のルールやコードの作り方についての講義を、1日45分、週5日、1年40週、8年間受け身で聞いている。 でも、ピアノを弾く練習はほとんどしません!少なくとも、1日5分以上は。 そんなのおかしいよ!ピアノを教えるには、なんという悪い方法なのでしょう! しかし、日本の学校ではこのように英語を教えているのです!意味不明です! そして、学校では週に一度、英語の授業に外国人が来るようになったからと言って、子供たちが英語を上手に話せるようになるとは思わないでください。 通常、この外国人アシスタントから恩恵を受けるのは、すでにかなり高いレベルの英会話スキルを持ち、先生が英語で話していることの多くを理解している子供たちです。 外国人教師が優秀で一生懸命やっていても、システムが悪いので、外国人の効果は非常に低いのです。 英語を話せるようになるには、スピーキングの練習だけに時間を割くという、非常に大きな犠牲が必要です! しかし、日本の英語教育システムでは、生徒が英語を話せるようになるために必要な練習量を与えることができないのです。 モカショーは、「英語を話す」ことを、日本の若者が将来のキャリアに必要な重要なスキルであると認識しない限り、英語を話す人を育てるために必要なカリキュラムや教え方を変更することはできないでしょう。 日本の学校制度に頼っていては、子供たちに英語を教えることはできないのです。 発音やフォニックスのトレーニングがない問題について 紋切り型の英語カリキュラムには、発音のトレーニングが含まれていないのです!これは非常にBIGな問題です! なぜか?なぜなら、英語の音、つまり母音と子音はすべて日本語には存在しないからです--まったく!何もかもが同じなのです。 英語話者は声帯、唇、舌、口を日本人とは違う方法で動かします。英語話者が音を組み合わせて言葉にするのは、日本語話者がするのとは全く違うのです。 もし、日本人が英語の音を認識し、区別することができないのであれば、どうやって英語話者と会話することができるでしょうか: they / there 帽子/ホット/ハット サーティーン/サーティー バット / バット レッド/レッド これ / これ など 発音に関する重要なお知らせ 米国ワシントン州シアトルにあるワシントン大学の言語聴覚科学教授である神経科学者パトリシア・クールと彼女の研究チームは、赤ちゃんの学習能力について素晴らしい研究を行っています。 これは、彼女の素晴らしいTed Talk「The linguistic genius of babies」へのリンクです。(申し訳ありませんが、英語版のみです。) https://www.ted.com/talks/patricia_kuhl_the_linguistic_genius_of_babies クール教授とその研究チームは、人間が発音を学ぶのに最適な時期が、生後0〜8ヶ月であることを突き止めたのです!--生後0〜8ヶ月の間だそうです!そうなんです! 赤ちゃんは、食べて、寝て、ウンチやオシッコをして、笑って、泣くだけだと思っています。しかし、クール教授によると、実は彼らはデータサイエンティストで、特に人から聞こえてくるすべての音のデータを集めているのだそうです。 彼らの素晴らしい脳は、声帯と口の筋肉が音を出す準備ができたときに、そのデータをすべて使えるようにするための神経細胞を接続している。 この時期になると、どの言語の発音も無理なく習得できるようになります。 もし誰かが赤ちゃんの顔に向かって話し、赤ちゃんが話し手の顔の動きを見ながら話すと、赤ちゃんの脳はその音に対応する神経回路を発達させます。 赤ちゃんが話し手と顔を合わせて話す時間が長ければ長いほど、赤ちゃんの脳の神経回路はより強く、より豊かになっていきます。 そして、ゆっくり、はっきり、高い声で話すほど、より良いのです。(このような赤ちゃんへの特別な話し方は「モーテレス」と呼ばれ、これについては別のブログで詳しく紹介します)。 しかし、残念ながら、クール教授の研究によると、インタラクティブでないテレビやYouTubeのアニメをスクリーンで見るだけでは、言語の音に対する脳の経路を発達させることはできないそうです。 クール教授によると、赤ちゃんが話すことを学ぶには、実際の社会的相互作用が必要だそうです。 生後8カ月を過ぎると、赤ちゃんの脳は他の能力を開発できるように変化します。 つまり、他言語の発音を学ぶには、生後0カ月から8カ月までがゴールデンタイムということになります。つまり短い! しかし、7歳を過ぎると、第二言語のネイティブスピーカーのような発音を身につけさせるのは難しくなります。 クールによると、大人でも新しい外国語の音を認識し、区別する能力を身につけることはできますが、それには面倒で時間のかかる訓練が必要です。そして、ほとんどの場合、彼らは訛りを持つことになる。 英語の発音を学ばないことで起こる2つの問題点 問題 1 英語の音、特に母音は日本語には存在しない。カタカナやローマ字は、英語の音とまったくイコールではない! 日本人の脳には、英語の音を認識するためのデータベースがない。 日本人は単純に、英語の音をすべて聞き取ることができないのです!それはちょうど、すべての音を聞き取ることができない、ある程度の難聴の人のようなものです。 文中の単語をすべて聞き取れないと、会話の意味を理解することができません。 問題 2 日本人は本物の英語の代わりにカタカナで話さなければならない。しかし、英語のネイティブスピーカーは、カタカナ英語を理解できません。 日本語の母音や子音は、英語とは全く違うものであることを忘れないでください。 英語の代わりにカタカナを使うと、単語の音節が多すぎて、文章のイントネーションがとてもおかしくなってしまいます。 ですから、英語の発音は最初に学ぶべきものであり、多くの時間を割く必要があるのです。 ネイティブスピーカーから英語の音を聞くだけでなく、ネイティブスピーカーが言葉を発する口元を見る必要があるのです。 そうすることで、脳の中に英語の音の通り道ができ、英語の母音と子音の本当の音を認識し、区別することができるようになるのです。 もし、あなたのお子さんが、文中の単語のすべての音を正確に聞き取ることができれば、おそらく、より早く英語を習得し、より楽しむことができるでしょう。 では......学校では無理だとわかっていても、お子さんが英語を話せるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか? あなたは積極的になる必要があります。お子さんの英語の話し相手になって、適切な練習をさせ、スピーキング力を身につけさせるのです。時間と労力はかかりますが、あなたの行動によって、子供たちは大きな恩恵を受けることになります。 The Gift of English Blogが、英語を話す子供を育てるための有益な情報を提供し、それを手助けする効果的なリソースを提供することを期待しています。 QUESTION 1 Why can't most Japanese adults who completed 8 years of English education in the Japanese education system use even basic junior high English in a simple conversation with English speakers? ANSWER In 8 years of required English classes students receive practically no speaking practice! QUESTION 2 And... why can't Japanese adults understand real English spoken by native English speakers using REAL English pronunciation instead katakana pronunciation? ANSWER No knowledge of English phonics and no pronunciation training! ABOUT THE PROBLEM OF ALMOST NO ENGLISH SPEAKING PRACTICE IN JAPANESE SCHOOLS. The Japanese school system doesn't produce English speaking students with useful English speaking skills that they can use in their careers because the system is not serious about producing English speakers. If the education leaders were serious, the schools would already be producing English speakers who can participate with confidence and ease in the global economy for Japan. The Japanese English education system fails to provide students with the 1000s of hours of serious speaking training needed become an English speaker! Instead, students are given thousands of hours of lectures about English grammar, in Japanese. Even though English is a skill that requires repetitive practice and trial and error learning similar to learning a sport, English is taught as an academic subject, like history. Academic subjects can be learned simply by memorizing information about a subject. Students can just listen to lectures and read books about them. But skills can't be learned that way. Skills must be practiced. English speaking can't be learned by listening to Englislh grammar lessons in Japanese. If it could be learned the same way as history, most Japanese adults would be good English speakers. In most schools, teachers use Japanese to explain English grammar to students for about 80% of the lesson. The students passively listen, except for a few minutes when the whole class reads a few sentences from their textbook in katakana. AN ANALOGY What if piano was taught the same way as English? Kids passively listen to lectures about music rules and about how make chords for 45 minutes a day, 5 days a week, 40 weeks a year for 8 years. But they rarely practice playing the piano! At least not for more than 5 minutes a day. That's crazy! What a bad way to teach piano! Yet, this is how English is taught in Japanese schools! It makes no sense! And don't think that just because the schools now have a foreigner come to English class once a week, kids are going to learn to speak English better. Usually the kids who benefit from this foreign assistant, are the kids who already have a pretty high level of English speaking skills and who already understands a lot of what the teacher is saying in English. Even if the foreign teacher is excellent and works really hard, the system is bad so the effectiveness of the foreigner is very low. To become an English speaker requires a very big sacrifice of time devoted to just practicing speaking skills! But the way students are being taught in the Japanese English education system fails to give them the required amount of practice they need to become English speakers. Until the Mokashou takes English speaking skills more seriously -- starts to value it as an important skill that Japanese young people need for their future careers, it won't make the necessary changes to the curriculum and the teaching style needed to produce English speakers. You can't rely on the Japanese school system to give your kids English. ABOUT THE PROBLEM OF NO PRONOUNCIATION OR PHONICS TRAINING The Monkasho English curriculum doesn't include pronunciation training! This is a very BIG problem! Why? Because English sounds--all the vowels and consonants don't exist in Japanese--NOT AT ALL! Nothing is the same. English speakers move their vocal cords, lips, tongue and mouth in way that Japanese don't. English speakers combine sounds together into words completely differently than how Japanese speakers do. How can Japanese speak with English speakers if they can't recognize and distinguish between the sounds in English words -- If they can't hear the difference in pronunciation in words like these: they / there hat / hot / hut thirteen / thirty bat / vat red / led this / these etc! Important Information on Pronunciation Neuroscientist Patricia Kuhl, professor of Speech and Hearing Sciences at the University of Washington in Seattle Washington, U.S.A and her team of researchers are doing amazing work about the learning potential of babies. This is a ​link to her wonderful Ted Talk called the linguistic genius of babies. (Sorry, it is only in English) https://www.ted.com/talks/patricia_kuhl_the_linguistic_genius_of_babies Professor's Kuhl and her team found that the optimal time for humans to learn pronunciation is -- are you ready for this--shocking! --between 0-8 months old! Really! We think babies are just eating, sleeping, pooping and peeing, laughing and crying. But actually according to professor Kuhl, they are data scientists, collecting data on every sound they hear especially those coming from people. Their amazing brains are connecting neurons that will allow them to use all that data when their vocal cords and mouth muscles are ready to make sounds. This is the stage in life when learning any language's pronunciation is truly effortless. If someone talks right into a baby's face so the baby can watch the speaker's face move as they talk--the baby's brain will develop neural pathways for those sounds. The more face to face speaking time a baby has with the speaker, the stronger and more abundant those pathways in the baby's brain become. And the more slowly, clearly, high pitched voice the speaker uses the better. (This special way of speaking to babies is called motherese--more on this in another blog.) But, unfortunately Professor Kuhl's research found that just watching non interactive TV or YouTube cartoons on a screen doesn't develop these pathways in the brain for the sounds of languages. According to Professor Kuhl babies need real social interaction to learn to talk. After 8 months old, babies' brains change so they can develop other skills. So, the golden time for learning another language's pronunciation is from 0 to 8 months old. So short! Kids can still learn the sounds of a foreign language pretty easily -- better than adults but definitely after 7 years old it is harder to get kids to sound like a native speaker in a second language. According to Professor Kuhl, adults can develop the ability to recognize and distinguish between new foreign language sounds but it requires tedious and time consuming training. And most likely they will have an accent. 2 Problems Caused by Not Learning English Pronunciation Problem 1 English sounds -- especially the vowel sounds don't exist in Japanese. Katakana and Romaji are not equal to English sounds at all! There is no data base in Japanese brains to recognize English sounds. Japanese simple can't hear all the English sounds! It is just like being a person with some degree of hearing loss who can't hear all the sounds. If you can't hear all the words in sentences, you can't understand the meaning of the conversation. Problem 2 Japanese have to speak using katakana instead of real English. But native English speakers don't understand katakana English. Remember, everything about Japanese vowels and consonants is completely different from English. By using katakana instead of English, the words will have too many syllables so the intonation of the sentences will be very strange. This is why English pronunciation should be the first thing your child learn and a lot of time should be devoted to it. Your child not only needs to hear English sounds from native speakers, they need to see the mouths of native English speakers as they say the words. This is the only way for children to develop English sound pathways in their brains so they will be able to recognize the true sounds of English vowels and consonants and will be able to distinguish between them. If your children can accurately hear all the sounds in words in sentences they probably will learn English faster and enjoy it more. So...what should you do to help your children get the English speaking skills knowing the school system isn't going to do that? You must become proactive. You must become your children's English speaking advocate and make sure they get to right kind of practice develop their speaking skills. It will take time and effort but your children will greatly benefit from your action. I hope The Gift of English Blog will help you to with useful information about raising English speaking children as well as give you effective resources to help you do it.







Comentarios


bottom of page